全戸ホームインスペクション付き。有資格者が中古住宅の状態を診断

エルハウジング

会社案内

エルハウジング西院店
資料請求・お問い合せ
来店・物件見学予約

インスペクション

ホームインスペクション付

インスペクションとは

ホームインスペクションとは
建物の状況検査をすること

新築住宅の場合、構造耐力上主要な部分(柱・基礎など)や雨水を防止する部分(外壁や屋根など)について、10年間の保証が義務付けられています。また、工務店やハウスメーカーによっては仕上げ・設備などは1、2年程度の短期の保証がつくこともあります。完成したばかりなのでいつ頃どの程度の修繕が必要なのかある程度の目安が付き、保証の安心もあってすぐに修繕が心配になるということはないでしょう。

中古住宅は新築時の品質や性能の違いに加えて、その後の維持管理や経年劣化の状況により物件ごとの品質等に差があることから、消費者は、その品質や性能に不安を感じています。このような中、中古住宅の売買時点の物件の状態を把握できるインスペクションサービスへのニーズが高まっています。
そのため、建物がどんな状態なのか?修繕が必要な個所はあるのか?というようなことを建物の専門家であるエルハウジングの有資格者が的確に診断し、安心してご購入できるよう、またご売却前の物件のコンディション把握など、皆様がよりスムーズに安心した取引ができるように致します。

中古物件の場合
新築物件の場合

topic

インスペクションの実施を促進する内容の法律が閣議決定!

平成28年2月26日に既存住宅の流通の促進を図るための市場環境の整備を促進するとともに、宅地建物取引業の業務に従事する者の資質の向上や、消費者利益の保護の一層の徹底を図るための「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」が閣議決定されました。 この法律案の中で建物状況検査(いわゆるインスペクション)が、媒介契約締結時、重要事項説明時、売買契約成立時に関わってきます。

インスペクションの流れ

ホームインスペクションは誰がするの?

エルハウジングの
	ホームインスペクションは安心な売買取引のため

国土交通省策定の「既存住宅インスペクション・ガイドライン」に準拠した有資格者が的確に診断いたします。
エルハウジングでは診断料やメンテナンスリフォームを目的とするわけではなく、診断により皆様に安心した不動産取引をしていただくことを目的としております。よって恣意的な悪い診断などのご心配はありません。あくまでご安心してご売却・ご購入いただくためのサービスです。

ホームインスペクションのメリットは?

木造戸建住宅の場合、ホームインスペクションでは目視等を中心とした非破壊による現況調査を行い、構造安全性や日常生活上の支障があると考えられる劣化事象等の有無を把握します。
これにより現況把握からメンテナンスが必要な個所の確認など、様々な面でご安心いただけます。
また、一定基準を満たした住宅には最長5年の保証を付保することもできます。

エルハウジングの
	ホームインスペクションは安心な売買取引のため
ページトップへ